HOME >  心と身体の安全だより  > 2019年9月
心と身体の安全だより(2019年8月号)

ちょっとした油断が事故につながります

今月の労災・交通事故1件 労働災害・無災害1000日運動1日目
朝晩、涼しくなって来ましたね。
朝夕の寒暖の差が激しく、体調を壊しやすい時期です。しっかり体調管理をお願いします。
9月19日、工場内の外壁工事中に労災事故が発生しました。
ほんのちょっとした油断で本人も痛い思いをし、多くの人に迷惑をかけることになります。
幸い、骨や筋に異常はなく、不休災害となりましたが、作業前は必ずKYやリスクアセスメントを行い、十分な保護具を着用して作業に臨みましょう。
さて、この度の台風により千葉県では深刻な被害が出ています。
山口県でも平成2年9月27日の台風19号で大きな被害が出たのを思い出します。
千葉県同様、道路に街路樹や電柱がなぎ倒され、停電が長い所で10日間続きました。
今回の台風では情報が入ってこないのが不安と言うのを耳にしました。
携帯電話のバッテリーとラジオは必須アイテム、飲料水とお風呂に水をはっておく、オール電化住宅の方はカセットコンロ・ガスを用意しておきましょう。
次から次へと起こる災害、防災の備えをしっかり整えておいて下さい。

会長の『たたらん便り』

蒸し暑さが和らぎつつ季節が夏から秋へと
少しずつ移り変わっています。
太郎との早朝散歩で肌寒く感じてきましたが、
日中は夏の名残りが続いています。
体調は大丈夫ですか、風邪ひかないようにしましょう。

「小さな幸せます」の綴り

小学校4年生の孫が2年生の弟と
小郡から電車に乗って泊まりに来ました。
防府駅まで迎えに行ってそっと見ていると
駅員さんに「ありがとうございました」と切符を渡していました。
ついこの間までオムツをしていたと思っていたのに(#^.^#)

今月の心の安全

今月の心の安全「今の仕事の出来映えが想像できる」 「今の仕事の出来映えが想像できる」

今日一日の行動が想像できる人は違ったことが起きたら気づく。
「ヒヤリ、ハット、気がかりなことに気づく人」は、
仕事の流れを頭に描いて(想像)いるから、気づく。
気にかけていたから気づく。