HOME >  心と身体の安全だより  > 2022年7月
心と身体の安全だより(2022年7月号)

雨があがったら本格的な熱中症の季節です

今月の労災・交通事故 無災害1000日運動216日目
悲しそうな工事現場の男性の画像
短い梅雨が明けたと思ったら、梅雨がぶり返しました。
各地で大雨警報や避難指示が出ましたが、皆様の周りは大丈夫でしたか?
また、コロナも第7派となり、再び動きづらくなってきましたね・・・
そして7月8日、安倍元総理が凶弾に倒れ帰らぬ人となってしまいました。気持ちが落ち込む事ばかりが続いています。
先日テレビのインタビューで20代くらいの女性が「まるで、家族を失ったように悲しい」と涙ながらに答えている映像を見ました。
彼は非常に上手くメディアを活用されていたと思います。
例えば、小学生でも安倍元総理のことは知っているでしょう。
また、海外各国からの哀悼の報道を見て改めて、重要な人を失ったのだと感じました。
昭江夫人の「種をいっぱいまいているので、それが芽吹くことでしょう」の言葉が印象的でした。
投票もマイナンバー制度を利用して、スマホで投票出来るようになればいいと思います。
天国で、先ずはお父様に「よく頑張った」と褒めてもらってください。
これからは天の川を見るたびに安倍元総理を思い出すでしょう。
心よりご冥福をお祈りいたします。体温調節機能に関係する持病のある人も注意が必要です。
雨があがったら、本格的な熱中症の季節です。
熱中症は初期症状を見抜くことで重症化を防ぐことができます。
自分で、仲間同士で、注意してください。
・握手してみたら手が冷たい!
・親指の爪を押してみて、赤みが戻るのに3秒以上かかった!
・暑いのに脇の下が乾いている!
・ベロが乾いている!
・皮膚をつまんでみて、3秒以上形が戻らない・・・
こんな症状が見られたら・・・
1.涼しいところで休みをとる(誰か付き添う、絶対一人にしない)
2.水分と塩分を補給する
3.具合が悪くなってきたらすぐ職長・元請に報告し、迷わず病院に行く
また、夏のマスクに着用による熱中症にも注意が必要です。
体調不良時は特に注意!いつも以上に水分・塩分補給をし、具合が悪くなったらすぐに助けを求めましょう。
熱中症予防にやってみよう【手のひら冷却】
仕事を始める前や休憩時に冷たい水に手のひらをひたすと、深部体温の上昇が抑えられ、熱中症がおこりにくくなり、パフォーマンス(持久力、パワー等)も上昇します。
冷たいペットボトルを握る、ほっぺたを冷やす、なども効果があります。
今月もご安全に!!

『社長のつぶやき』

参議院選挙が行われた。
投票率は前回よりも僅かに上がったが、
防府市の投票率は山口県内で最下位。
何故だろう・・・
そして治安の良い日本で大変ショックな出来事が起こった。
安倍晋三様、ご冥福をお祈りいたします。

「小さな幸せます」の綴り

腰の手術してから数年・・・
材料の搬入に行った際、
何も言わなくてもみんなが材料を
降ろしてくれます。
みんなありがとう!

今月の心の安全

今日一日に最善を尽くす 今日一日に最善を尽くす

人生は一回限り。二度なし。また、人生で今日が一番若い。
朝、目覚めたら
①生かされている有難う。 ②ニコニコ笑顔で感謝。 ③最善を尽くし ④倖せを探して ⑤ゴーゴー生き活き顔晴朗