HOME >  心と身体の安全だより  > 2021年5月
心と身体の安全だより(2021年5月号)

「安全意識の心構え」が大切。作業に入る前に危険予知をしっかり行いましょう!

今月の労災・交通事故1件 労働災害・無災害1000日運動2日目
5月18日(火)、小雨が降りだし濡れていた鉄骨梁上で滑り、労働災害が起きました。
梅雨入りし、屋根上や足場は大変滑りやすくなっています。
特に荷取り作業は足元への注意が散漫になりがちです。
とはいえ、山口工材は4月17日に安全大会で危険予知の研修を行ったばかりです。
現場の安全は、なんと言っても、「安全意識の心構え」が大切です。
作業に入る前に危険予知をしっかりと行いましょう!
今年の春は雨が多かったですが、そのまま梅雨入りになった気がします。
雨が止むと気温が急上昇し、心配になるのが熱中症です。
暑さに身体が慣れていません。喉が渇いていなくても定期的に水分補給をしましょう。
また、喉を潤すことによってウィルス侵入を防ぐことができます。
現在、防府市もコロナ感染が拡大しており目の前に迫る勢いです。
不要不急以外の外出はやめ、会話する時は必ずマスクを着用しましょう。
~現場でのマスクの着用について~
マスクの着用により、心拍数や呼吸数、血中二酸化炭素濃度、体感温度が上昇するなど、身体に負担がかかることがあります。
作業中は人と十分な距離(少なくとも2m以上)を確保し、マスクを外しましょう。

『社長のつぶやき』

5月16日(土)、5月17日(日)の二日間で本社事務所の天井張り替え完了。
お陰様で奇麗で明るくなった。
休日に作業してくれた職人さん・社員さんに感謝です。
弊社へお越しの際は見上げてくださいませ。

「小さな幸せます」の綴り

里帰りで2月に生まれた甥っ子が
毎日笑顔で仕事終わりを迎えてくれます。
明日も頑張ろうと思います。

今月の心の安全

慣れた仕事に 油断が生まれる 「慣れた仕事に 油断が生まれる」

同じ事を繰り返すと、慣れて・・・楽になり、考えなくなる
油断は気をゆるして、注意を怠ること。
油断は大敵ですよ!!