HOME >  心と身体の安全だより  > 2021年3月
心と身体の安全だより(2021年2月号)

積極的に水分補給を行いましょう

今月の労災・交通事故1件 労働災害・無災害1000日運動58日目
季節は春、待ちに待った桜の季節となりました。
防府市内はまだ、1部咲きくらいでしょうか。
昨年は車の中から花見をしました。徳地のさらに多く、大原湖からその先のキャンプ場迄の桜がとても奇麗でした。
今年はもう少し足を延ばしてみたいと思っています。
2月から雨が多いので花を愛でる前に散ってしまうのではないかちょっと心配しています。
これから、寒暖の差が更に激しくなってきます。
時に、夏日になることもありそうです。
熱中症対策はもちろん、喉が十分潤っているとウイルスが体の中に入るのを防いでくれるそうです。積極的に水分補給を行いましょう。
さて、山口工材は2020年無事故無違反コンテスト150に参加。
山口県全体、6,512チームのうち5,480チームが達成(達成率84.2%)に対し、山口工材は9チームのうち、5チームが達成(達成率55.5%)という結果でした。
全体と比較すると、大変低い結果となりました。今年も再チャレンジします。
今度こそ、達成率100%を目指して頑張りましょう!!
今月もご安全に!!

『社長のつぶやき』

春のような夏のような気候になりました。
外に出ると夏の入口の香りです。
みんなと花見で一杯・・・
と思う今日この頃です。

「小さな幸せます」の綴り

コロナ禍でなかなか県外移動しにくい中だが、
1年以上会ってなかった姪っ子が遊びにきた。
受験の息抜きに少し寄ったそう。
いろいろ大変そうだが、姪っ子も頑張っているので
おじさんも頑張ろうと思う。

今月の心の安全

貯めるのは知識 使うのが知恵 「貯めるのが知識 使うのが知恵」

知識は貯均。体に貯筋。心は貯錦。健康な知識、体が心を保つ。
均衡な(知)識。筋金入りの(体)。錦の旗を持った(心)。チカコの健康だ
「健体 康心」の知識を身につけ、知識を出すが、健康人。