HOME >  心と身体の安全だより  > 2020年7月
心と身体の安全だより(2020年7月号)

熱中症やコロナから、自分の身は自分で守りましょう!!

今月の労災・交通事故1件 労働災害・無災害1000日運動124日目
長い梅雨が続いています。この度の豪雨により被災された皆様、謹んでお見舞い申し上げます。
コロナ感染防止の影響で、被災地のボランティア活動にも制限があり、思うように動けず大変そうです。
終わりが見えない拡大する一方のコロナ感染、相次ぐ自然災害に本当にうんざりです。
それに加え、ユーチューバーによる山口県の感染。
村岡知事の怒りの会見が全国のニュースで放映されましたが、同様に県民も怒っています。
毎朝、東京の小池都知事の会見を見ますが苦悩が見てとれます。
4月の緊急事態時に戻り、今一度一人ひとりが感染予防に対して見直し、モラルを守ってコロナ収束を待ちましょう。
長い梅雨が終わると、本格的な夏が来ます。
会社では熱中症対策として、経口補水液などを用意しています。
労災事故の中に熱中症も該当しますが、私病があると労災は適用されません。
コロナ同様、自分の身は自分で守る事が大切です。
日頃の体調管理、こまめな水分補給や休息をとるなどして労災事故ゼロを目指しましょう!!
今月もご安全に!!
山口工材、同じ卸団地内にある中村被服(株)さんのマスクを購入しています。
個人的に他製品を色々と試しましたが、ヒンヤリとして着け心地で息苦しさもなく快適です。
夏用マスクはウイルス対策用ではなく、あくまでも飛沫防止対策マスクということですが、私は社内やウォーキングは呼吸が楽なのでこのマスクを着用しています。
冬用のマスクは制菌の生地を使用しており、ウイルス対策になるそうです。
コロナ感染予防は範囲が広く難しいところがありますが、うつさない方法はマスク着用と距離を保つこと。各々が他社へ「うつさない」という意識を持つことも大切だと思います。

会長の『たららん便り』

太郎は6月頃から急に散歩の速度が遅くなり、距離も短くなりました。
最近は前足をひきずります。
そして、ほぼ一日中寝ています。
でも周りの皆さんが、、、幸せそうな顔で毎日を過ごしています。
9月で14歳になります。
近くに来られた際は、ぜひ会いに来てください。
優しい太郎が喜びます。
長かった梅雨が明け、暑さが増してきます。
コロナもいまだに感染拡大の手を緩めません。
十分な感染予防、対策を宜しくお願いします。

「小さな幸せます」の綴り

子供が4歳になりました。
離れて暮らす息子と
月に1、2回遊んでいますが、会うたびの成長が楽しみです。
最近は、時計と九九をマスターしました。
成長って早いですね。
※時計を覚えて、あと少ししか遊べないと分かった時の表情が切ない・・・。

今月の心の安全

強く しなやかな企業へ 「強く しなやかな企業へ」

竹は、強くてしなやか。
しなやかは柔らかく、滑らか。企業の企は、人を止める。
人を大切にして時代の流れにしなやか
変えてはならない事「不易」と。
次代と共に変わる「流行」。持つ。