HOME >  心と身体の安全だより  > 2020年6月
心と身体の安全だより(2020年6月号)

体調チェックを行いましょう

今月の労災・交通事故1件 労働災害・無災害1000日運動94日目
新型コロナウイルス感染防止 緊急事態宣言も全面解除となり、県外移動も再開されましたが、相変わらず感染者が主に都心部で発生しています。
「うつさない・うつらない」一人ひとりが引き続き感染予防に務めましょう。
これから、本格的に熱中症対策が必要です。
塩分の摂取ばかりを意識してしまいますが、糖分の摂取も重要だそうです。
会社では経口補水液を凍らせて、現場へ届けていますが、必要な方は、積極的に連絡をお願いします。
熱中症予防は、何といっても自身の体調管理が大切です。
下記の事項をチェックして、不安があれば、職長もしくは上司に報告し、休養するなどの指示を仰ぎましょう。
  • ・風邪気味など体調不良ではないか?
    鼻づまりで就寝中に口呼吸することが多いと、外気に接する粘膜面積が増え、体の水分の蒸発量が増えることがあります。
    また、発熱、下痢、嘔吐なども体内の水分や塩分が失われやすい状況なので、普段以上に熱中症に気をつけましょう。
  • ・寝不足ではないか?
    脳や体を休ませる睡眠が不足していると、脳の働きが鈍くなり体温コントロールも難しくなってしまいます。
    特に前夜が熱帯夜で睡眠不足の場合、就寝中の発汗量も多くなるので、翌朝は十分な水分補給を。
  • ・前夜の飲酒は多くなかったか?
    大量な飲酒は、アルコールの分解に水分を使うことに加え利尿作用も。翌朝は普段より脱水症状になっているため、十分な注意が必要です。
  • ・朝食を抜いていないか?
    朝食を摂ることで、水分だけでなく塩分も補給することができ、体温を下げる効果のある汗も出やすくなります。
    夏バテで食欲がないことが多い時期ですが、意識して朝食を摂るようにしましょう。
※職長や上司の方々は報告しやすい雰囲気づくりをお願い致します。
今月も交通事故、労働災害ゼロを目指して頑張りましょう!!
ご安全に(^^ゞ

会長の『たららん便り』

梅雨本番です。
高温多湿に悩まされています。
特に太郎は、好きな散歩も「ゆたゆた」で
一日中横になっています。
私はコロナウイルスのお陰で
好きなゴルフも3月15日以降、行っていません。
無理していく気も起りません。
体力・気力を充実させて
梅雨・真夏を乗り切りましょう!

「小さな幸せます」の綴り

いつも通る信号機のない横断歩道は車が止まらず、
なかなか歩行者は渡ることが出来ません。
止まると歩行者が途中で頭を下げてくれます。
私にとってはいつもの当たり前の事・・・
それでも幸せを感じて
ほっこりします。

今月の心の安全

人間は近道行動 省略行動を持っている 「人間は近道行動 省略行動を持っている」

狩猟をするのが男の仕事。動物の先回りをする知恵がある。
知恵で効率よく物事を進化させたが、現代人は狩りをしない。
近道行動、省略行動が自然に身に付き、
先を考えず行動して、大災害に!!