HOME >  心と身体の安全だより  > 2020年5月
心と身体の安全だより(2020年5月号)

感染予防は続けていきましょう

今月の労災・交通事故1件 労働災害・無災害1000日運動63日目
新型コロナウイルス感染防止 緊急事態宣言も全面解除となりましたが、まだ感染者が出ているのが現状です。
通常通りの生活に戻るにはもう少し我慢した方が良さそうです。
なんだか、ステイホームの生活に段々と慣れてきたような気がします。
たとえ制限がなくなっても、生活習慣として感染予防策は続けていきましょう。
今年は庚子年。変化の多い年と言われていますが、オリンピック開催などの嬉しい変化を期待していました。
ところが、それも延期、色々な催しも中止。
とうとう高校野球までもが中止になってしまいました。
年はじめから新型コロナウイルスが悪い変化をもたらしています。
庚と子の特徴をあわせもつ庚子の年は、一言で表すと「変化の多い年」。
心に影を差すような変化があれば、物事が一気に進む劇的な変化もあるということです。
年が明けて直ぐに世界中が新型コロナウイルスに苦しめられました。
でも、悪いことはもう終わり、「災いを転じて福と為す」ということわざのように、これからは良い変化が起こると信じたいですね!

会長の『たららん便り』

今年の梅雨は、今までにない環境下に置かれるかも?
コロナがまだ我が物顔で君臨しているから・・・。
辛い気持ちも分かりますが、
コロナが消滅した世界を夢見て
明るく笑顔で過ごしましょう。
太郎も応援してまーす!!

「小さな幸せます」の綴り

去年の9月、彼女ができました。
週末にはご飯を作りに来てくれます。
心もお腹も満腹になります。
週末が待ち遠しいです。

今月の心の安全

一人ひとりの環境意識が未来の地球を守る 「一人ひとりの環境意識が未来の地球を守る」

地球は秒速473mで自転。公転は秒速29.78km。猛スピードで回転。
循環することで、地球を保っている。
異常気象はバランスを保つ為の現象。物事は循環すると上手く行く。
一人ひとりの地球環境意識が大事。